ESG Policy

ESG POLICY

伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社(以下、「当社」)は伊藤忠グループが掲げる「三方よし」の精神を企業理念とし、自社の利益だけではなく投資先、投資家、株主、従業員をはじめ様々なステークホルダーの期待と信頼に応え、社会課題の解決に貢献することを目指しています。 当社はこの企業理念を軸に、受託者責任を負うベンチャーキャピタルとして、国際規範を尊重し、環境・社会・企業統治(以下、「ESG」)の観点に照らした責任ある投資活動を推進し、また投資先企業がESG要素を考慮した経営を実行できるように支援することにより、長期的な企業価値向上による投資リターンの実現、サステナブルな社会や環境の実現が可能となると信じています。 当社は以下のESG要素を、当社の全てのファンドにおける投資活動(ディールソーシング、デューデリジェンス、投資意思決定、投資先支援・モニタリング、議決権行使、EXIT)において十分に考慮します。

環境

  1. 環境保全に関する法規制等の遵守
  2. 気候変動への対応
  3. 環境汚染の防止
  4. 資源循環の推進
  5. 水資源の保全・有効活用
  6. 生物多様性の保全

社会

  1. 労働条件や労働安全衛生に関する法規制等の遵守
  2. 人権の尊重・配慮
  3. 健康で豊かな生活への貢献
  4. 製品の提供における顧客責任

企業統治

  1. 企業倫理、コンプライアンスの遵守
  2. 贈収賄及び腐敗行為の防止
  3. 適切な役員体制、監査体制
  4. 個人情報保護や情報セキュリティ対策
  5. 反社会的勢力の排除

当社は、本ポリシーを実行するための方策や体制構築に誠意を持って取り組み、投資先企業が抱えるESGの重要課題に対して改善支援、モニタリングを行うとともに、ファンド出資者に対して適切な情報提供を行っていきます。また、資本市場のサステナビリティ向上のため、ベンチャーキャピタル業界においてESGに関する取り組みが浸透するよう活動を行っていきます。

2023年10月
代表取締役社長 浅野 哲也

Please turn your device.